お金を賢く使って、お給料を無駄にしない

お金を賢く使って、お給料を無駄にしない

社会人として毎日がんばって働いていると、月に一度のお給料日はとても楽しみなものですよね。生活費の他に、余ったお金を今月はあれに使おう、これに使おうなど、お給料日が近づくといろいろと計画を立てる方も多いのではないでしょうか。
せっかくのお給料ですので、少しでも無駄をなくして、有意義に使いたいものです。
余った分は貯蓄に回せたら万々歳です。
それでも何かと無駄遣いをしてしまうこともあると思います。
コンビニで、スーパーで、必要なものを買うついでに美味しそうなお菓子を見つけてしまったり、新発売と書かれたポップに惹かれてしまったり。それがまた高額でなく、ちょっとした金額で買えるものですから、誘惑に負けてしまいます。
これくらいいいだろう、その気持ちが危険なのです。

一回一回は大したことない金額の無駄遣いも、積み重ねれば大金になります。
たとえ200円程度のものでも、月に10回ほど200円の物をなんとなく買っていれば2000円になります。
2000円あれば、いろいろできますよね。本が買える、映画が観れる、ちょっと良いランチが食べられる。そう思うとたかだか200円と思ってもあなどれないものなのです。
ちょっとした出費をできるだけ減らすことで、有意義なお金の使い方が見えてきます。
これまでの自分の生活を振り返ってみて下さい。なんとなくのお買いもの、ありませんか?

日々の生活でも、無駄遣いはあります。
歯磨きの時の水道の出しっぱなし、人のいない部屋の電気がつけっぱなし、誰も観ていないテレビのつけっぱなしなど。こまめにスイッチを切る習慣をつけることで変化は見えてくると思います。
ただし、あくまでもお金の無駄をなくしてお給料を有意義に使い、楽しく暮らすことが大切ですので、やりすぎは禁物です。
徹底して無駄をなくそうとするとケチケチした生活になってしまい、ストレスがたまってしまいます。
楽しく暮らすことができなければ本末転倒です。
若干の無駄は必要だということを忘れないように、楽しく無駄を減らしましょう。

Copyright (C)2014お金を賢く使って、お給料を無駄にしない.All rights reserved.